FC2ブログ

塗り塀(ジョリパット)はこう創れ

( ゚Д゚)<『梅雨が』

・・・

ヽ(`Д´)ノ<『きたぁ~』 

がいこう屋にとって梅雨は大敵です。

今から約1ヶ月? 休みです。

・・・

ヽ(`Д´)ノ <『って訳いくか~!!』

まんま 食わんとイカンとです。

毎日 天気とニラメッコしながら

できる事は カッパきてやらんといかんとです。

雲の合間見て ブロック積まんとイカンとです。

コンクリート流さにゃイカンとです。

ほいでも、雨は容赦せんとです。   \_(´∀`★)ハイ ココ クリックネ

ばってん そげな事は置いといて

・・・

(゚Д゚)、<『塗り塀はこう創れ』

じゃ先ずはコチラ↓前回紹介したコレ

f_kawanaka17.jpg

コレの創り方ね Σd(゚∀゚)

・・・

これの基本は だいたいが普通ブロック

midorizaka09.jpg

普通に積み積みして

midorizaka10.jpg

↑はブロックのまんま 目地部は金コテでキチッと落として

ブロックからはみ出ないようにするのが最初のポイント Σd(゚∀゚)!!

midorizaka16.jpg

続いて↑は、接着増強剤をぬりぬり コレ塗ると薄~い膜ができて

急激な吸水を防ぎます。夏やなんかはコレ塗らないと下塗り材の水分が一瞬で吸い取られ

パサパサになって 下地がうまく塗れませんから Σd(゚∀゚)!!

↓そんで下地ぬり 

midorizaka19.jpg

↑これはベースモルタルって品ね 自分らはいつもコレ塗ってます。

軽量モルタルって 言うのかな・・・ 砂の代わりに繊維みたいなのが入っていて

かなりうす塗りができます。1mm~2mmくらいかな 厚くても。。。 Σd(゚∀゚)!!

コチラの下地材には 最初に塗った接着増強剤のあまりが入ってます。 Σd(゚∀゚)!!

コレ入れたら下地がかなり強くなります。'`ィ(´∀`∩

midorizaka21.jpg

いよいよ 中塗り↑ 厚さは0.2mmくらい  マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?

midorizaka27.jpg 

厚みを感じさせないでしょ コレ↑

うん いや とにかく あんまり厚く塗らないって事ね Σd(゚∀゚)!!

midorizaka22.jpg

そんでコレ↑ 角がポイント ←ピッて角が立つように

もちろん下地の時にも ピッて塗ってます。

midorizaka23.jpg

こんな感じね。Σd(゚∀゚)!!

ポイントは2面を同時に塗らない事 Σd(゚∀゚)!! 

ブロックで言えば 小口面(細い所)はあとで塗る

midorizaka20.jpg

↑こんな感じです。         なぜかって? ・・・

それは2面同時だと角も同時に仕上げないとダメだから大変なのです。Σd(゚∀゚)!!

中途半端な時間差は、先に塗った方がよれるのでNG Σd(゚∀゚)!!

片面ずつ確実に。

・・・

そんでいよいよ上塗りですが

今回の仕上がりはコレ↓ 骨材入りガサガサフラット仕上げ(※本当の仕上げの名前は各社色々)

f_kawanaka24.jpg

コレには秘密の粉が入ります。 マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?

midorizaka32.jpg

この白い粉の末端価格は ・・・    億??

midorizaka33.jpg

↑ってただの寒水石 (詳しくは分かりませんが粒の大きさが選べる石です。)

今回は 3厘と5厘の ミックスです。 
5厘と7厘で創ると 荒々しく仕上がりますが、それはそれでいい感じのができます。
(※骨材が大きいと材料が増えます。厚く塗らないといけないからね、、、)

midorizaka49.jpg

今回は
骨材とジョリパット材を  寒水石の3厘:0.5、5厘を:0.5、ジョリパット:1 で合わせています。
同じ分量だけ混ぜるのです。Σd(゚∀゚)!!

自分の場合はヒシャクで同じくらいの量をすくって混ぜるので、
寒水石を1杯づつ入れる(合計2杯)とすると、ジョリパットも2杯入れます。

寒水石が、2杯づつの場合(合計4杯)は、ジョリパットも4杯です。 (。'-')(。,_,)ウンウン
分かり易いですね+.゚(*´∀`)b゚+.゚

あとは、分量に合わせて 水を混ぜるのですが、
コレはなんとなくでOKだと思います。

塗り易い硬さが丁度いいですね!!
夏場なんかは 少しゆるいくらいが良い感じかもしれませんね!! '`ィ(´∀`∩

ほンじゃ~ 合わせた材料を
midorizaka43.jpg

混ぜーる。 Σd(゚∀゚)!!


できた材料を↓

midorizaka29.jpg

塗る

midorizaka37.jpg

塗る

コテ波ができるぐらい シッカリ塗る 3mm~4mmくらいかな 

とにかく 自分が塗りやすい程度に厚めに 

この壁くらいの大きさなら片面は全部

そしてmidorizaka35.jpg

金コテつかって

midorizaka38.jpg

こそぐ

midorizaka39.jpg

こそいだ ネタは山盛り

コレがポイント Σd(゚∀゚)!!

なんで 一度塗ったネタをまた 取るのって?? 

ポイントの理由は3つ

●厚塗りの方が塗りつけやすい

●厚塗りだと乾きにくい(薄かったらすぐ乾く)

●でも うす塗りじゃないと骨材が転がらないので模様がでない!!

ひとりでも上手く仕上げるコツです。Σd(゚∀゚)!!

midorizaka34_20110531195320.jpg

こそぎ終わったら 素早くプラコテで骨材を転がす

今回は細かく丸く転がします Σd(゚∀゚)!!

(※横だけにコテを使うと横模様ができます)


全体をまんべんなく転がしたら

素早く・・・

では無く

midorizaka40_20110531195320.jpg

やや表面が難くなったら ↑金コテで表面を整えます。 Σd(゚∀゚)!!

早すぎたら せっかく転がした仕上げ模様が 潰れてしまいます。 Σd(゚∀゚)!!

このタイミングがポイント Σd(゚∀゚)!!

(※時期や日当たりによって変わるので注意です。コテに材料がひっつかないくらいが良い感じです)


あとは↓

midorizaka47.jpg

↑片面仕上げたら角はコテで落とす。 

中塗りを丁寧にしてたらコレだけでOK Σd(゚∀゚)!!

んで できたのコレ↓

f_kawanaka27.jpg

f_kawanaka30_20110531200731.jpg

f_kawanaka36.jpg

f_kawanaka37.jpg

f_kawanaka44.jpg

f_kawanaka23.jpg


(`Д´) 、  <『塗り塀(ジョリパットはこう創れ』

ヽ(`Д´)ノ <『骨材入りガサガサフラット仕上げバージョン』




(゚Д゚)/、≪  『ちょっとまったー』

( ゚Д゚) 2015年 ジョリパットはこう創れのコツ 追加編集します。

    変更点は以下の2点ね↓

ヒシャクを使って同じ分量だけ入れるって部分ね、ここを訂正します。
 
最近はどうも模様が上手くでないのでやり方を少し変えました!!! 

骨材はやや少なめが良い感じです。 ややって言うのはジョリパットを

ヒシャクで6杯入れたら 5厘と3厘を2杯づつの計4杯にするって感じです。


やや表面が難くなったら金コテで表面を整えます。の部分も訂正と

言うか コレもありかなってやり方の紹介ね!!

プラコテで全体を転がした後、プラゴテを綺麗に洗って 

ややコテに水がついた状態で また仕上を擦ってみて!! (少し表面が硬くなってからね)

コテにネタがつく前に、バケツにコテをドブン!!! 

水がついた状態で擦るのを繰り返すと下の様な模様が綺麗にでたよ!! ↓↓

jorisiage (2)
こんな感じ↑ 押さえと砂利の転がりが綺麗に出てるのわかる?

jorisiage (1)
↑ 絶妙に転がるから コテは小さくクルクル こまめに水に浸してみて!!


おためしあれ!!!






|Д´)ノ 》 ジャ、マタね。



おわり




今回の関連記事はコチラ↓

●ブラック&ナチュラルホワイトモダン 

●神様の意地悪 

●最新の施工例 がいこう屋WEB 




























関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析