FC2ブログ

ラーメン仲間パート1

世の中、本当に色んな方がいらっしゃいますが、今日は本人の


了解を元に、我がラーメン屋で共に働く、Jさんについて


語りたいと思います    ( *´艸`)





ある夏の暑い日の事でした。



厨房内はものすごい暑さで、汗なんだか何なんだかわからなくなっている


状態・・・そこに休憩に入ったJさん、持参した水筒に水と氷を


入れながら、「後で貸したげる」


・・・何を???


店の裏にゴミを捨てに行ったわたし、そこに休憩中のJさんがいた。


水筒の水を頭から浴びながら、「ミサ豚もやる?気持ちいいよ!!」



・・・遠慮いたします・・・





彼女は帰り道も、水筒の水を浴びながら歩くらしい・・・





最近、休みも殆どなく働く彼女は疲れからなのか、元々そういうひとなのか


壊れつつあり、「ワン!!ツー!!ジャンプ!!」などと言いながら、


近くにいるクルーの尻を触るようになった。




しかも、お客様、ご来店中である・・・



勿論、触られているクルーはそんな事おくびにも出さないが。










そして彼女は、何ていうか、「舌っ足らず」というのか・・・


例えば、「6千円のお返しです」、とお客様にいうところ、


「6てんえんのお返しです!!!」


となってしまう・・・






お客様のピークが来たとき、彼女のテンションもいっそう上がり、


「いらっちゃいまて!!!」


「何名さまでっか!?」



・・・と、大きな声でがんばっちゃうのである






・・・そんな彼女だが、ホールに関しては本当に素晴らしく、


お客様のお冷ポットが空になっているだとか、荷物の籠だとか、


驚くほど気を配っている。







バイトが結構ヘビーで、お客様が物凄く多かった日なんて、疲れて


話も出来ない日もあるけれど、彼女のあの元気さに励まされています



クッタクタになっている時に、「ミサ豚!!お疲れ様ぷー」


などと言いながら尻を触られ、勿論触り返しながら笑っていると


なんだかもう、疲れたのもどうでも良くなってしまうのである。






土、日殆ど出ている彼女とわたしは、会わない日はほぼありません。


お互い、疲れたら愚痴を言いながら、家事と育児とバイトに


頑張っています





彼女と働きはじめてもう2年、遠慮も何ももうありません。





これからもしんどい事やつらい事もあるとは思うけれど、


彼女がいれば何だか頑張れちゃう気がするのである。






まあ、ちょっと変わったひとなので、突っ込むところも満載だが、


また何かあればこうしてブログのネタにしちゃおう、と考えています。







働くにはやっぱり人間関係って大事です


持ちつ持たれつ、明日も頑張りましょうね!!!

















関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析