FC2ブログ

フェンスの施工はこう創れ

フェンスの施工は ・・・

こう創れ ( ゚Д゚)


今回は、ブロックの上にフェンスを簡単に施工する方法の紹介です。Σd(゚∀゚)

まっ、なかなか 素人がフェンスを建てる機会も無いでしょうが・・・ d(´д`o)


でも最近の、日用大工は進んでますからね ・・・

少しでも、お役にたてればと思いまして ヾ(´▽`*)


基本中の基本のフェンス用の柱の立て込み偏って事で


・・・

では 行きます↓

DSCN3060.jpg

今回は、基本と言うことで ブロックには既にフェンス設置用の穴が開いてます。

(勿論、ブロック積みの段階で計画的に開けてます)

基本の規格寸法は、2mピッチです。  d(´д`o)

(細かい事は今回は置いときます)

↑先ずは、モルタルを詰めてぇ~(セメント1砂3=モルタル)

DSCN3061.jpg

フェンスの柱に、9割方あるレベル穴にピンを差込ます。

DSCN3062.jpg

↑こんな感じです。

注意・レベル穴の他に並んで水抜き穴が開いています(↑写真のピン上の穴)

DSCN3063.jpg

↑コレを先ほどの、ブロックの穴に ぶすっっと刺します。


DSCN3064.jpg

↑柱をゆすりながら隙間に満遍なくモルタルが回るようにします。

モルタルの量は、ブロックから1~2センチ下までで納まる量が適量です。

多すぎても少なすぎてもダメですよっ (`Д´)

↑コレを全ての柱の基本の流とするのですが!! d(ゝC_・o)

DSCN3053.jpg

↑最初は端の柱から行いブロックで支えます。

DSCN3052.jpg

↑こんな感じですね。 このブロックは内側に傾かないために置きます

なぜ内側かと言うと次↓

DSCN3055.jpg

通称、水糸(そういやなんで水なんだろ・・・)を引っ張り気味に張るからです。

DSCN3057.jpg

勿論、この時点で端の柱は水平器を使い真っ直ぐ立てます。

これが基本ラインになるので確実に行います。

あとは↓

DSCN3063.jpg

↑最初の基本の繰り返しで

DSCN3058.jpg

↑糸に合わせながら

DSCN3057.jpg

↑垂直を合わせます。

DSCN3065.jpg

↑柱と糸とは必ず1mmの隙間を開けます

隙間を開けないと気ずかないうちに だんだん曲がっていきます。

コレは、水糸を使っての施工の基本です(*´・ω-)b ネッ

DSCN3068.jpg

↑この繰り返しで全ての柱を立てます

DSCN3069.jpg

↑糸に合わせて ピシッと

DSCN3070.jpg

↑確実に・・・

これで柱の立て込みはバッチリ Σd(゚∀゚)

翌日以降、再度

DSCN3064.jpg

↑の下げていた部分を塗り足し仕上げます。

翌日以降でないと、レベルピンが抜けませんからね Σd(゚∀゚)

っと、ココまでがフェンスの柱の立て込みの基本です。

以前は、柱と本体を同時に施工してましたが

確実に、この方法のほうが効率できです +.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ

そして、いよいよフェンス本体の貼り付けですがぁ~

なんと

・・・

写真がココまでしかない ρ(・ω・、)イジイジ

まッ!! あとは説明書どうりって事で・・・

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ




↓今回の関連記事は


●フェンスの事ならお気軽に がいこう屋WEBまで

●何事も基礎が大事ですよね

●えぇ!! 見えない部分 そうなってんの?! 

●ZEROから創ってます

●その他の施工例はココ














FC2ノウハウ
関連記事
  1. 無料アクセス解析