FC2ブログ

コンプレックス

久しぶりに嫁ブログです


そろそろ梅雨、雨の毎日が始まりますね


我が家では無事中学に上がった娘もようやく学校に慣れてきたようで、一安心。

2年生になった息子は・・・まあ、反抗期、仕方ないですね  (-公-、)


と、まあ子供たちはすくすくと大きくなっていますので、わたしもバイトをせっせと

頑張っております

・・・で、週に1,2回、夜もバイトに出ているのですが、わたし、夕方7時を過ぎると、

在る現象が起こるのです



それは・・・・・・


「声が低くなる」



もともとかなり低めの声なのですが、昼間にもオーダーとったりレジしたりと

かなり声を出し続けているので、夕方になるとカスカスになっちゃうんですが、

さらに7時、8時には、そりゃもう・・・

ガスガス、みたいな声になっちゃうんです・・・



先日、学生の4人組が来店されて、たまたまひとりの時間だったので、

他のお客さんもいらしたのでちょっと待っていただいてました。


で、ようやくオーダーをとり、注文されたものも運び終え、

「ご注文は以上でよろしいですか??」とわたし。

にぎやかにラーメン食べてた学生たちが一瞬静まり、

「え?お前今しゃべった?」

「何?今の誰のこえ?」



「あの・・・ご注文は・・・以上で・・・」



もう一度繰り返したわたしを見て、学生の方から一言。


「えっ!!どしたんおねーさん、その声!!」



・・・そんな驚くような・・・声だったんでしょうか・・・







食事を終えた学生さんは、レジで飴をくれました


「声、超ハスキーじゃね!!」


・・・いえいえ、普段からこうではございません・・・



よく考えてみたら、わたしレジで飴をもらうこと多かったんですが、そうか、

皆さんわたしの声がカスカスで、気を使ってくださってたのか・・・


さらに娘の友達が、最近携帯を購入したばかりで、ボイスをとってみたり

カメラであそんでみたりしてたんですが、わたしのところへ来て、

「何かしゃべって!!」

よーーーし、ちょっとからかってやろう、と「ああああああーー」

とふざけて叫んだのですが・・・



録音された声を聞いて・・・

驚きましたよ・・・自分でも・・・


大爆笑の娘の友達、笑いながら母の元へ行き、「誰の声かあてて!!」

聞いたお母さん、

「なに!?動物の声!?」


すみません、わたしです・・・・・・・・






かなり、コンプレックスです・・・

実は小学生の時に、声が低いのがホントに嫌で、「おおかみと7匹の子ヤギ」

の絵本を読んで、おおかみが「白墨(チョーク)を食べて声をきれいにする」と言う

シーンに感動し、こっそりチョークの粉をなめてみたことがあるのですが・・・



未だ、声は低いまま、時々「おじさん」と言われてます・・・





せめて、おばさんになりたい・・・
スポンサーサイト



関連記事
  1. 無料アクセス解析