FC2ブログ

プレッシャー

今年も残すところ1ヶ月となりましたね。


今年最後のイベントである子供らの試合がこの3連休で終り、


後は年の瀬に向けて掃除でも・・・しなくちゃな・・・  (゚c_,゚`。)






今年最後の試合。



子供らの属する教室は、何と言うか・・・平和な・・・子供らが・・・
みんな柔らかく可愛いというか・・・まあ、欲目ですけど  (。-∀-)


その教室の中でもやはりずば抜けてセンスのある、上手な子供も存在します。



息子の妙に尊敬する中1のR君。
息子と幼稚園から一緒のR君。
それぞれ3位、2位と素晴らしい成績を収めました。


この場を借りて、本当におめでとう!!
我がことのように嬉しい!!





・・・まあ、うちの子供らは負けちゃいましたが、うん、ちゃんと
頑張ってる
良いお手本が近くにいるのだから、近づけるよう頑張って行こう。




25日の日曜日は団体戦で息子は先鋒、娘はまさかの副将。



個人戦とは違い己の負けは皆の負けに繋がる。




息子はプレッシャーに潰れそうになっており、前日はなぜか階段で
うずくまっていた。
知ってたけど、このプレッシャーを押しのけないといけない。
そしてそれは息子が自分で押しのけなくちゃいけないので
見て見ぬふりをしていた。




そして迎えた当日。


試合の直前は息子の顔面が緊張で真っ白になっており、ああ、顔面蒼白って
こういうこと・・などと思ってしまった。



結果は残念ながら1回戦負け。



息子は二本取られたけれど一本取り返し、プレッシャーに負けず頑張れた。






そして、娘・・・


彼女はもともと天然ガールで、あまりプレッシャー、ストレス、感じさせない
娘である。
今回も、私負けても皆が勝ってくれるから、などとのたまっており、
笑顔で手を振る余裕まで見せていた。

・・・が、いざ、自分の番がくる直前、やはり娘も震えていた。
携帯のカメラ越しに小刻みに揺れている娘も、緊張と怖いのとで
カタカタしている。



・・・そこに立てるだけでもすごい



って、友達のママに言われたけれど、その通り。




しっかり覚えとけよ、そこからの景色。




結果は残念だったけれど、それこそ娘の口癖である、「ドンマイ」







実はわたしのほうがプレッシャーにやられて胃が痛くなっており、直視するのも
怖いという情けない有様。


・・・母のほうが頑張らなくちゃ。







スポンサーサイト



関連記事
  1. 無料アクセス解析